成人式のスーツ

成人式のスーツはどう選ぶ?選び方や着こなしのポイントについて

一生に一度の晴れの舞台である成人式。スーツをかっこよく着こなして旧友と再会したいという方も多いのではないでしょうか。しかし、成人式のために初めてスーツを購入するという方も多いはず。スーツを着こなすのはなんだか難しそうですよね。

今回は、成人式のスーツの相場や着こなすためのポイントなどを解説します。

{アウトライン}

1. 成人式はスーツか袴(はかま)のどちらか

疑問

成人式のスーツを選ぶ前に、スーツと袴のどちらが良いのか悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、どちらで出席しても問題ありません
最近では成人式でスーツを着用する男性も増えてきました。

せっかくの晴れの舞台、スーツにするか袴にするか、じっくり考えたうえで後悔しないスタイルを選びましょう

2. 成人式スーツの相場はどれくらい?

スーツ

成人式のために初めてスーツを購入するという方も少なくないのではないかと思います。まずは、どれくらいの値段でスーツが買えるのか、その相場感を知っておきましょう。

成人式で着用するスーツは3万円~5万円の価格帯のものが多くなっています。少し奮発をしてオーダースーツを購入するのであれば10万円ほど

素材やブランドにこだわる方であれば、さらに高額なスーツを選ぶ方もいます。
成人式用のスーツだからといって価格で選ぶのではなく、晴れの日に相応しい、あなたらしい一着を選びましょう。

3. 成人式でスーツを着こなすためのポイント

スーツはもともと伝統と格式を持つものであり、しっかり着こなすためには多くのルールがあります。
では、どのようなことに注意すればかっこよく着こなせるのでしょうか。

3-1. ジャケットの一番下のボタンは開ける

一番下のボタンは留めない

メンズスーツには、ジャケットの一番下のボタンは留めないというルールがあります。

一番下のボタンは飾りであるとされ、留めるとジャケットにシワが入ったりシルエットが崩れたりします。一般的に「ボタンはすべて留めるもの」と思われがちですが、ぜひ覚えておきたいマナーの一つです。

3-2. ネクタイはディンプルを意識

ディンプルの有無

ディンプルとは、ネクタイの結び目の下のくぼみのことです。くぼみがあることで光の加減による光沢が生まれます。光沢は高級感につながるため、ディンプルがあるだけで華やかな印象になるため、晴れの日にピッタリの着こなしです。

首元は身体のパーツの中でもよく目立つ位置の一つですので、ぜひ意識してみてください。

3-3. ポケットに物をいれない

ポケットの中に財布やスマートフォンなどを入れてしまう方が多いと思います。
しかし、スーツの場合はポケットに物を入れると膨らみが目立ち、シルエットが崩れてしまいます。またシワも入りやすくなります。

スーツをかっこよく着こなすためには、できるだけシワを少なくすることがポイントです。必ずバッグを持ち歩き、荷物をしまうようにしましょう

3-4. ベルトと靴の色をあわせる

ベルトと靴の色を合わせる

スーツを着用する際はベルトと靴の色を合わせるとオシャレに見えますが、これは単なるオシャレではなく、スーツを着る際のルールでもあります。完全に同じ色にする必要はありませんが同系色で合わせましょう。

また、色は最もフォーマルな黒を選ぶと良いでしょう。ブラウンもスタンダードな色ですが、成人式の場ではよりフォーマルな黒がおすすめです。

3-5. 黒のロング丈の靴下を選ぶ

靴下

黒の靴を履くのであれば、靴下も同じ黒でロング丈のものを履きましょう。ショート丈の靴下を履くとスラックスと靴の間から地肌が見えてしまいマナー違反となります。

白や派手な柄の靴下はビジネスシーンや成人式のような式典にはふさわしくありません。
特に身体の先端は視線が集まりやすいため、靴下一つで全体の印象は大きく変わります。あまり見えないだろうと侮らず、成人式にふさわしい靴下を履きましょう。

3-6. ジレを着るときはジャケットのボタンをすべて開ける

ジレを着るときはジャケットのボタンを全て開ける

ジレとはフランス語で「ベスト」を意味します。日本では主にスーツの中に着るテーラードベストを指します。

ジレを着用する際はジャケットのボタンをすべて開けることがルールです。ジャケットのボタンを留めるとジレがあるぶん窮屈感が出て、シワも寄りやすくなってしまいます。せっかくのジレが台無しになってしまわないよう、ジャケットのボタンはすべて開けましょう。

4. 成人式のスーツならスリーピースがおすすめ

スリーピースとは、ジャケット・スラックス・ジレを合わせたスーツのことです。

スリーピースとは

ジレが加わることで紳士的で華やかな印象になり、ドレスアップできるため成人式などの式典にはぴったりです。また、ほとんどの自治体では1月の寒い季節に成人式が開催されますので、ジレがあることにより防寒対策にもなります。

5. 成人式におすすめのスーツコーディネート

最後に、成人式でスーツを着用する際の具体的なコーディネートを解説します。

5-1. ブラックスーツ

ブラックスーツ

成人式でブラックスーツを着用する方はそれほど多くはありませんが、フォーマル度が高く、成人式のような式典にふさわしい装いです。落ち着いた印象を与えられるでしょう。

せっかくの晴れの舞台なので少し華やかにしたいという場合は、ネクタイを明るい色にすることで表情が明るく見えるでしょう。

5-2. ネイビースーツ

ネイビースーツ

ネイビーのスーツには爽やかな印象があり、成人式だけでなく就活中の学生や新卒のビジネスパーソンもよく着用します。

他の色との相性が良いためネクタイや靴などを選ぶ際に悩むことも少なく、自在にコーディネートを組むことができます。はじめの一着として購入するにはぴったりのスーツです。

5-3. グレースーツ

グレースーツ

ネイビーと並び成人式で着用されることが多いスーツです。落ち着いた大人の印象があります。華やかな明るいスーツを着用される方もいる成人式ですが、そんな中でクールな雰囲気を見る方に与えることができます。

ひと口にグレーといっても、明るいグレーから黒に近いグレーまで、そのトーンはさまざまです。ビジネスでも着用するのであれば、暗めの色であるチャコールグレーをおすすめします。

5-4. ブラウンスーツ

ブラウンスーツ

落ち着いた大人の印象でありながら、こなれたオシャレさも演出できるスーツです。

ブラウンスーツの定番のコーディネートは、青系の色を組み合わせるコーディネートです。暖色系のブラウンと寒色系の青を組み合わせることでメリハリがつき、エレガントなブラウンスーツの魅力をさらに引き立てます。

5-5. チェック柄スーツ

チェックスーツ

他の方とは一味違う個性を出したいのであればチェックスーツがおすすめです。

スーツに使われるチェックには、シャドーチェック、グレンチェック、ウィンドウペンなど多くの種類があります。チェック柄のスーツにはカジュアルな要素があるので、ワイシャツやネクタイは柄が入っていないものを選び、コーディネートを引き締めましょう。

5-6. ストライプ柄スーツ

ストライプスーツ

ストライプ柄のスーツには爽やかさや華やかさがあります。また、ストライプの種類によっては上品さを演出することもできます。

おすすめの柄は「シャドーストライプ」です。一見無地のように見えるため華やかさはありませんが、光や見る角度によってストライプ柄が浮き上がるため控えめすぎることはありません。

6. まとめ

ここまで、成人式で着用するスーツの選び方や着こなしのポイントをご紹介しました。

成人式ではスーツの色や柄について大きな縛りはありません。就職活動などでも着用するならばシンプルなスーツを、祝い事なので華やかにしたいのであればストライプやチェックなどの柄物を選ぶと良いでしょう。

成人式は一生に一度の晴れの舞台です。満足できるスーツを購入し、記憶に残る素敵な1日を過ごしてください!

おすすめアイテムを今すぐチェック!

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!