お宮参りのマナーや服装について

【お宮参りにふさわしい服装】赤ちゃんや母親・父親が着る服

赤ちゃんの無事を祝い、これからの成長を祈る大切な行事である「お宮参り」。

初めてのお宮参りの準備のために知っておきたい、お宮参りのマナーや服装についておさらいしましょう。

{アウトライン}

1. お宮参りとは

お宮参りのマナーや服装について

お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈って参拝する行事のこと。

神社などにお参りに行き、土地の神様(氏神様)に無事に生まれたことを報告します。
 

1-1. お宮参りはいつ行うの?

男の子は生後31日目、女の子は生後32日目にお宮参りを行うのが正式です。

しかし、地域によっても違いがあり、一般的に生後1ヶ月前後を目途に行います。

最近では、天気や母子の体調、家族の都合などに合せてお日柄の良い日に実施することが多くなっているようです。

無理のない日にお参りしましょう。
 

1-2. お宮参りはどこの神社に行けばいいの?

生まれた土地や住む土地の神社にお参りするのが正式ですが、最近では有名な神社を選ぶことも多くなっており、どの神社でも特に問題はありません。

神社でご祈祷してもらう際には、感謝の気持ちとして神社へ初穂料(玉串料)を納めます。金額の相場は5,000円~1万円です。

事前に神社に電話をして、予約の可否や受付時間などを確認しておくとスムーズです。

2. お宮参りの服装選びの注意点

お宮参りの服装は、基本的には自由です。

こうしなければならないという決まりはありませんが、

「神社」という場所を考えると着物やスーツなどのフォーマルな服装が適しています。


以下のポイントを心掛け、ふさわしい服装を選びましょう。

  カジュアル過ぎる恰好はNG 

ジーパン、ジャージ、Tシャツはラフすぎる恰好なので失礼にあたります。


  肌の露出は控える 

肌の露出の多い服装も好ましくありません。
半ズボンやミニスカートは避けるのがベターです。
男性なら長ズボン、女性がスカートをはく場合は膝丈を選びましょう。


  赤ちゃんの服装の格に揃える 

お宮参りの主役は赤ちゃんです! まず赤ちゃんの服装を決めましょう。

それにより家族の服装も決まります。
赤ちゃんが正式な祝着なら、両親や祖父母も格を揃えましょう。

家族で服装がバラバラになるのは良くありません。
事前に相談しておくと良いでしょう。

3. お宮参りでの赤ちゃんの服装

  • お宮参りの赤ちゃんの服装祝着

  • お宮参りの赤ちゃんの服装ベビードレス

3-1. 赤ちゃんの正式な衣装は祝着

和装の場合、白羽二重の着物を着せた上から、紋付きの祝着(いわいぎ)を羽織る形が正式です。しかし最近では、簡単に白いベビードレスの上に祝着を羽織る着せ方が主流になりつつあります。

  男の子 
龍やトラ、兜など勇壮な図柄や模様の入った「熨斗目模様(のしめもよう)」が定番。
色は黒・紺・紫・グレーなどが人気です。

  女の子 
花や蝶や御所車が描かれた「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が定番。
色は赤・ピンク・白・黄色など華やかな色合いが人気です。
 

3-2. ベビードレスにケープでもOK

洋装の場合は、ベビードレスにケープをかけるスタイルも人気があります。

和装より季節や気温に合わせやすいこともあり、洋装にする家庭も増えています。

男女ともにドレスは白が一般的ですが、ブルーやピンク・黄色など、淡い色も好まれています。

帽子や靴は、同系色で揃えるようにしましょう。
 

4. お宮参りでの母親・祖母の服装(女性)

  • お宮参りの母親の服装着物

  • お宮参りの母親の服装ワンピース

4-1. 基本は赤ちゃんの服装の格に揃える

  赤ちゃんが和装の場合 

赤ちゃんが正式な祝着を羽織る場合は、母親や祖母は着物が良いとされています。
訪問着、色無地、付け下げが一般的です。

赤ちゃんの祝着の色柄との相性を考えて、できるだけ控えめな色やデザインの物を選ぶようにしましょう。


  赤ちゃんが洋装の場合 

赤ちゃんがベビードレスを着る場合は、ワンピースやセレモニースーツが一般的です。
黒や紺・グレーなど落ち着いた色味のワンピースにツイードジャケットを羽織るとフォーマルな装いになります。

短すぎるスカートは控え、膝丈程度の丈を選びましょう。
また、暑い季節でもノースリーブはNGです。袖がある服で参拝してください。
 

4-2. 母親には授乳しやすい服がオススメ

最近のママは、ワンピースやセレモニースーツ・フォーマルが主流になりつつあります。

その理由は、、、

・授乳しやすい前開きの服装で便利

・動きやすく、負担が少ない

・着物ほど汚れを気にしなくて良い


授乳や体調の関係などを考慮すると洋装の方が
「赤ちゃんの世話をしやすい」、「楽で着やすい」とうい声が多く挙げられています。
 

  • {商品1}
  • {商品2}
  • {商品3}
  • {商品4}

4-3. 靴はローヒールやぺたんこを選ぼう

赤ちゃんを抱っこすることを考慮して、歩きやすい安定感のある靴を選びましょう。

ヒールの高いパンプスや履きなれない靴は疲れますし、神社内の砂利道や階段など、転倒してしまう危険性があります。

低めのヒールやぺたんこ靴がオススメです。

5. お宮参りでの父親・祖父の服装(男性)

  • お宮参りの父親の服装礼服

  • お宮参りの父親の服装スーツ

5-1. スーツが一般的

基本は赤ちゃんの服装の格に揃えます。

  赤ちゃんが和装の場合 

赤ちゃんが正式な祝着を羽織る場合は、和装や礼服(ブラックスーツ)が一般的です。

和装の場合は、一つ紋か三つ紋の羽織りに着物と袴などを合わせます。

しかし最近では、女性(奥様やお母様)が和装の場合でも、
男性で和装をする方が減っており、スーツが主流になります。

格を揃えるうえで、しきたりを重視する場合は
礼服(ブラックスーツ)が良いでしょう。

シャツは白系、シルバーやシャンパンゴールドなどの祝事用のネクタイ、黒の紐靴などを合せましょう。


  赤ちゃんが洋装の場合 

赤ちゃんがベビードレスを着る場合は、ダークカラーのスーツが一般的です。

色は、黒・紺・グレーの落ち着いた色味が定番。
スーツの色柄は控えめなものを選びましょう。

シャツの色は、基本は白ですが、派手な色でなければブルーやグレーもOK。
チェックや強いストライプの柄はカジュアルな印象になるので避けましょう。

ネクタイは、ブルーやピンクなど華やかなパステルカラーが人気です。
シャツと同様に、派手なものでなければ基本的には特に決まりはありません。

赤ちゃんの衣装の色味に合せてコーディネートすると良いでしょう。
 

  • {商品5}
  • {商品6}

6. まとめ

いかがでしたか?

お宮参りの流れと服装のマナーなどをご紹介してきました。

お子様がすくすくと成長することを願う気持ちは、ご家族様全員同じだと思います。
ご家族皆様にとって、思い出に残る「お宮参り」になりますように。
 

洋服の青山,フォーマル,通販,オンラインストア

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事