結婚式,二次会,服装,マナー

【結婚式二次会】男性の服装マナーと失敗しないオシャレコーデ

結婚式や披露宴よりも、参加する機会が多い二次会

二次会からの参加なら、「張り切ってオシャレをしたい」や「カジュアルダウンしてもいいかな~」と思いがちですが、そこが服装選びで失敗する落とし穴です!

近年、結婚式や二次会のスタイルは多様化しており、服装も自由になってきているとはいえ、ある程度のマナーは守りましょう。

基本のポイントを押さえ、結婚式の二次会にふさわしい服装マナーと会場に合わせたおすすめコーディネートをご紹介します。

結婚式・披露宴の服装について知りたい方はこちら「【結婚式】男性ゲストの服装選びと着こなし術を徹底解説!」をご覧ください。
{アウトライン}

1. 結婚式二次会の服装マナー

招待状などに「平服でお越しください。」と書かれている場合は要注意です。

ドレスコードの定義が曖昧ではっきりしない分、どんな服装をすればいいか悩む方も多いはず……!

「カジュアルすぎて浮いてしまった!」 「カチッと決めすぎて周囲より目立ってしまった。」など失敗談をよく耳にします。

おめでたい席で失敗しないために、基本的な服装マナーについて押さえておきましょう。
 

1-1.招待状に書いてある「平服でお越しください」とは?

”平服”とは「日常の衣服、普段着」という意味です。

フォーマルシーンで使われる場合には「堅苦しくなく、改まった場にふさわしい服装」という意味を含んでいます。

「カジュアルでOK」と思ったら、大きな勘違いになるので注意しましょう。
 

1-2.二次会の服装の色は?

二次会の服装には、これといった明確な決まりがありません。

一般的に男性の場合、ジャケット(上着)の着用がマナーになり、ブラックやネイビー、グレーといったダークカラースーツが基本のスタイルになります。

白やシルバーなど明るい色のスーツや派手な色は、新郎新婦より目立ってしまうので控えましょう。

また、Tシャツ・ジーパンなどカジュアルすぎる恰好はNGです。
 

  • {商品1}

1-3.服装選びのポイント

二次会にふさわしい服装選びのポイントは、「会場の雰囲気や格式に合せて服装を選ぶ」ということです!

会場の雰囲気は、大きく分けて3タイプあります。

会場の雰囲気に合せたコーディネートをすれば失敗せずに済むでしょう。
 

2. 会場別おすすめコーディネート

2-1.ホテルや高級レストラン フォーマル度★★★

高級レストランや、披露宴から続けてホテルで行われる、フォーマルな二次会

かしこまった雰囲気で会場の格式も高いため、結婚式に参加するつもりで礼服やスーツの着用が好ましいです。

フォーマルな二次会

◆コーディネートポイント◆

ブラックスーツにベストを合わせたスリーピーススタイルにするとフォーマルな装いになります。

手持ちのスーツに別売りのベストを組み合わせても問題ありません。
特に、グレーのベストは汎用性が高くお洒落にキマります。

シャツは基本の白無地に、シルバータイや蝶ネクタイを合せ、ポケットチーフを挿すことで全体的に華やかな着こなしに仕上がります。
 

  • {商品2}
  • {商品3}

2-2.レストラン・バー フォーマル度★★☆

レストランやダイニングバーで行われる、セミフォーマルな二次会

前述のホテルなどよりはややカジュアルですが、スーツスタイルが好ましいです。

セミフォーマル

◆コーディネートポイント◆

ネイビーやグレーといったダークカラースーツや、品格が漂うストライプデザインが定番人気です。

また、上記画像右端のようなジャケット+パンツにネクタイを絞めたスタイルでもOK。

シャツは、白や淡い色(薄い青やピンク)で、無地や織柄のシンプルなデザインだと清潔感がでます。派手な色や、ストライプなど柄の強いものは控えましょう。

ネクタイはスーツの色に合せ、Vゾーンを3色以内でまとめると、最も簡単で失敗の少ないコーディネートに仕上がります。

  • {商品4}
  • {商品5}

2-3.居酒屋・カラオケ フォーマル度★☆☆

居酒屋やカラオケで行われる、カジュアルな二次会

フォーマルすぎる服装はかえって浮いてしまう恐れがあるので、カジュアルな服装が好ましいです。

ネクタイは無くてもOKですが、マナーとしてジャケットは着用しましょう。

カジュアルシーン

◆コーディネートポイント◆

基本的にはジャケット+パンツのスタイルをベースとした、スーツよりもカジュアルダウンした服装と考えましょう。

ジャケットは、ネイビーやグレーのダークカラーに明るめのパンツを合わせると、カチッとした上品な印象になります。

インナーは、シャツや襟なしのカットソーなどでもOKです。

足元は、レザーやスエードなどのスリッポンタイプ(ローファーなど)の靴を合わせ抜け感をだすと、こなれ感を演出できます。

失礼にあたらないよう、ラフになりすぎず、キレイ目を意識したコーディネートにしましょう。
 

  • {商品6}
  • {商品7}

3. まとめ

いかがでしたか?

二次会から参加する場合は、ドレスコードが曖昧ではっきりしないため、会場の雰囲気や格式に合せた服装を選びましょう

では、素敵な日をお過ごしください♪

おめでたい席にふさわしいアイテムをお探しの方はこちら

フォーマルサイト

洋服の青山オンラインストア

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!