結婚式,マナー,服装,着こなし

【結婚式】男性ゲストの服装選びと着こなし術を徹底解説!

結婚式や披露宴にお呼ばれした時、礼服を着るか、スーツを着るか、、、

何度出席しても何を着ればいいか悩みますよね。

ここでは、男性ゲストの服装選びのポイントと着こなし術についてご紹介します。
 

二次会の服装について知りたい方は「【結婚式二次会】男性の服装マナーと失敗しないオシャレコーデ」をご覧ください。
{アウトライン}

1. 礼服のルール

ひとくちに礼服といっても、多岐に渡ります。

格式で分かれており、それぞれ着るべきシチュエーションが異なります

着る機会が少ないからこそ、大人のマナーとして礼服のルールを押さえておきましょう。
 

1-1.礼服の種類と特徴

結婚式や披露宴など慶事の際は、礼服がスタンダードです。

正礼装・準礼装・略礼装と以下の3種類に区分されます。

結婚式,礼服,種類,マナー

  モーニングコート  

もっとも格式の高い昼の正礼服。主に新郎新婦の父親が着用します。

特徴はジャケットの形で、前の裾が斜めに大きくカットされています。黒い上着とベスト、グレーの縦じまのスラックス(コールズボン)のセットが基本スタイルです。

  タキシード  

正式には夜の準礼服。最近は正・準礼装を兼ねることが多くなってきており、昼間の着用も可能。

主賓や友人代表のスピーチを任された時、ブラックタイと指定がある場合はタキシードを着用します。

デザインは蝶ネクタイとカマーバンドが特徴的で、色は白と黒でまとめるのが基本スタイルです。

  ディレクターズスーツ  

正礼装より格が下がる昼の準礼服。

カジュアルな会場で結婚式や披露宴を行う場合、主に新郎新婦の父親が着用します。

黒い上着とベスト、グレーの縦じまのスラックス(コールズボン)のセットが基本スタイルです。

  ブラックスーツ  

冠婚葬祭で最も一般的な昼夜兼用の略礼服。

主にゲストとして招待された方(会社の同僚や友人)などが着用します。
 

2. マナーが変わりつつある?!最近の結婚式の服装とは

以前はどのような年代・立場であっても、誰に対しても失礼にならないようスタンダードなマナーとして、略礼服であるブラックスーツの着用がほとんどでした。

しかし最近では、結婚式という儀礼のカジュアル化が進み、服装マナーも変化してきています。

特に20代や30代前半の方は、TPOに合った服装を選択する方が増えている傾向にあります。
 

2-1.実際みんなどんな服装で出席してるの?

結婚式,服装,ゲスト,調査
出典:調査概要:マイナビニュース会員500名インターネット調査(2016年11月21日~30日)

男性ゲストが選ぶ服装は『スーツ』が約半数と最も多いことが判明!

意外にもタキシードの割合が高く、スタンダードな礼服は『11%』と少ない結果に。

「結婚式」とひとくちに言っても、様々な服装で出席される方がいるようです。
 

3. 結婚式での服装選びの基準と着こなし術(ネクタイ・アクセサリーなど)

では実際、何を基準にどんな服装を選べばいいのか判断に悩みますよね。

服装やネクタイ・アクセサリー選びのポイントは、

・新郎新婦との間柄や出席にあたっての立場

・結婚式場の雰囲気や格式

こちらを判断基準に新郎新婦に失礼にならないよう、おめでたい席にふさわしいマナーを心がけましょう。
 

3-1.主賓や、スピーチ・挨拶などをする場合

結婚式,服装,コーデ,タキシード,主賓

主賓や友人代表のスピーチを任された場合、ビシッとタキシードを着こなし礼をつくしたコーディネートが好ましいです。

◆着こなしPOINT◆

 ① タキシード
上着の衿の形状は、先の尖ったピークドラペルまたは、へちま衿のショールカラーの2種類が基本。
どちらもサテンなど艶のある素材でできているのが特徴です。

パンツには側章と呼ばれる1本のラインが入ります。フォーマルな着こなしとして、裾はシングル(折り返しのない裾)にしましょう。

 ②シャツ 
首に沿って立ち、衿先だけが小さく折り返されている白無地のウイングカラーシャツを着用。
袖口部分を折り返せるダブルカフスで、胸元にプリーツが入ると、よりフォーマル度が上がり、ドレッシーな装いとなります。

 ③ネクタイ 
黒のシルク素材の蝶タイ(ボウタイ)を着用。
ドレスコードでいう「ブラックタイ」はここからきている。

 ④カマーバンド 
腰に巻きつける帯のことで、黒がもっとも格式高くみえる。
巻く際はヒダを上向きに着用しましょう。

現在、カマーバンドは省略可能なアイテムとして認められています。お好みでお選びください。

 ⑤アクセサリー 
シャツの袖口に、手元を飾るオニキス・黒蝶貝など黒い石のもののカフスリンクスを付けるとさりげないオシャレを演出できます。

 ⑥ポケットチーフ 
シルクか麻の白系で、スリーピークス(3つ山ができるようにたたんだ挿し方)が基本。

グレーや、蝶タイの色に合わせてもOK。

 ⑦サスペンダー 
パンツにベルトループはありません。
ラインを崩さないようにサスペンダーを使用します。

正式には黒ですが、カラーのカマーバンドを使用する場合は色を合わせてもOK。

 ⑧シューズ 
黒いエナメル素材のオペラパンプスまたはスリッポンが好ましいです。

靴下は黒で合せましょう。白や色柄物はNGです。
 

3-2.ホテルや高級レストランなど格式高い会場の場合

結婚式,礼服,服装,コーデ

上司として出席する時や、ホテルや高級レストランの場合、礼服(ブラックスーツ)で正統派のコーディネートが好ましいです。

◆着こなしPOINT◆

 ①礼服(ブラックスーツ)
冠婚葬祭全般に対応できる略礼服。黒の色の濃さが特徴です。
ビジネスで着ている黒いスーツとは全く別物。

シルエットは、20・30代前半はシングルでスタイリッシュに。
40代以降はゆったりめのダブルだと貫録がでます。
年代別での着こなしも重要なポイントです。

フォーマルな着こなしとして、パンツの裾はシングル(折り返しのない裾)にしましょう。

 ②シャツ 
白無地で、衿型はレギュラーまたはワイドカラー。
色がついているものや派手な柄はNGです。

 ③ネクタイ 
光沢のあるシルバーグレーが格式高く華やか。
ストライプが正式だが、ドットや小紋柄でもOKです。

④ポケットチーフ
麻またはシルクの白無地で、スリーピークス(3つ山ができるようにたたんだ挿し方)が基本。

 ⑤アクセサリー 
シャツの袖口にカフスリンクスで華やかさをプラス。
昼夜で使い分けましょう。
昼間は真珠や白蝶貝に代表される白い石、夜はオニキスなど黒い石を使用し、さりげないオシャレを演出。

ネクタイピンはシルバー系が基本で、ネクタイが乱れないようマナーとしてしっかり留めておきましょう。

 ⑥ベルト 
無地でシンプルなデザインのもの。
大きく目立つバックルやクロコやヘビ柄などのデザインは控えましょう。
あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えて良い印象に。

 ⑦シューズ 
黒の革靴でシンプルなデザインのもの。
ストレートチップかプレーントゥがフォーマル度が高い。

靴下は黒で合せましょう。白や色柄物はNGです。
 

3-3.同僚や友人など一般ゲストの場合

結婚式,礼服,服装,コーデ,友人知人

世代の近い職場の上司・部下、または親しい友人・知人として出席する場合、ダークスーツで堅苦しくない華やかさをプラスしたコーディネートが好ましいです。

◆着こなしPOINT◆

 ①スーツ 
色はブラック・ネイビー・グレーなどのダークカラーが良い。
柄は無地が無難ですが、織柄や目立たないピンストライプやシャドーストライプなら問題ないです。

白やシルバー系など明るすぎる色や派手な柄は控えましょう。

若い方であれば、シルエットは細身(スリムタイプ)がすっきり見えます。
パンツの裾はシングル(折り返しのない裾)が理想です。

結婚式,礼服,服装,コーデ

 ②シャツ 
白無地または青やピンクの淡い色。
白い衿型のクレリックシャツだとオシャレな印象になります。

 ③ネクタイ 
基本はシルバーやグレーベースのストライプ柄。
小紋やドットに少し色の入ったものでもOKです。

 ④ポケットチーフ 
麻またはシルクの白無地で、スリーピークス(3つ山ができるようにたたんだ挿し方)が基本。

 ⑤アクセサリー 
シャツの袖口にカフスリンクスで華やかさをプラス。
真珠や白蝶貝に代表される白い石が好ましい。
ネクタイピンはシルバー系が基本で、ネクタイが乱れないようマナーとしてしっかり留めておきましょう。

 ⑥ベルト 
無地でシンプルなデザインのもの。
大きく目立つバックルやクロコやヘビ柄などのデザインはNGです。
あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えて良い印象に。

 ⑦シューズ 
黒の革靴でシンプルなデザインのもの。
ストレートチップかプレーントゥがフォーマル度が高い。

靴下は黒で合せましょう。白や色柄物はNG。
 

4. まとめ

いかがでしたか?

結婚式に出席する時の服装は、新郎新婦との間柄や出席する立場、結婚式場の雰囲気や格式によって選びましょう

おめでたい席にふさわしいコーディネートをお探しの方は、こちら‣‣‣

では、素敵な日をお過ごしください♪
 

洋服の青山,フォーマル,通販,オンラインストア

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事