結婚式でハズさないシャツの色や襟とは

【結婚式のマナー】シャツ選びのポイントとおしゃれにみえるコーデ術

結婚式にゲストとしてお呼ばれしたとき、何を着ていこうか悩みますよね。

おめでたい席なのでマナーに気をつけなくてはなりません!

新郎新婦に失礼のないよう、結婚式にふさわしい装いを押さえておきましょう。

ここでは、結婚式でのシャツ選びのポイントと、ゲストの立場別のオシャレにみえるシャツコーディネートをご紹介します。
 

{アウトライン}

1. 結婚式にふさわしいシャツ選びのポイント

結婚式のシャツ選び

結婚式に出席するゲストの服装は、新郎新婦との間柄や出席にあたっての立場、結婚式場の雰囲気や格式によって決まります。

基本的には、礼服(ブラックスーツ)やダークスーツの着用が一般的です。

では、中に着るワイシャツはどんなものを着ればいいのか押さえておきましょう。
 

1-1. 基本は「白」

最もフォーマルな色は「白」です。

どの立場(親族・上司・友人知人)の出席者でも、格式の高いホテルウェディンクからカジュアルな披露宴まで、幅広くオールマイティに着こなせる色といえます。

白は絶対にハズさない間違いない色と覚えておきましょう!
 

1-2. 柄は「無地」

柄は「無地」が基本です。

結婚式なら生地の織り方でうっすら模様がみえる織柄もOK
 

1-3. 襟は「レギュラーカラー」

襟型は「レギュラーカラー」が基本です。

装飾のないシンプルな襟は、ワイシャツの襟型の中でも最も定番といえます。

スポーツマン体型の人や、首が太めのがっちり体型の人には、左右の衿の開きが広い
「ワイドカラー」もおすすめです。
 

2. 結婚式ではNG!避けたい色やデザイン

結婚式や披露宴において、フォーマル度が求められるため、カジュアル見えするものはNGになります。

マナー違反にならないよう、あらかじめチェックしておきましょう。

2-1. 【NG】ボタンダウンシャツ

  • 結婚式でボタンダウンシャツはNG

  • 襟先をボタンで留める「ボタンダウン」といわれるタイプのシャツは、フォーマルシーンで着用するのはマナー違反です。

    カジュアルなイメージを与えるため結婚式では避けましょう。

     

2-2. 【NG】半袖シャツ

  • 結婚式で半袖シャツはNG

  • 夏場の暑い時期でも半袖シャツはNGです。

    上着の袖口からシャツが見えないのはみっともないですし、カジュアルな印象になります。

    真夏の結婚式では、ベストを着用し上着を脱ぐとマナー違反ならずに涼しく快適に過ごせますよ。

2-3. 【NG】派手な色や柄

  • 結婚式で派手な色柄シャツはNG

  • 淡いブルーやピンクなどパステルカラーのシャツはOKですが

    赤や青などはっきりした派手な色や柄はNGです。

    主役の新郎新婦より目立ってしまうのは失礼にあたるので、気を付けましょう。

3. <ゲスト別>おすすめシャツコーディネート

せっかくの結婚式だから「オシャレしたい!」と思いますよね。

結婚式の服装は、出席するにあたっての立場や格式によってコーディネートが変わります。

マナー違反にならないよう、ふさわしい装いでおしゃれをしましょう♪
 

3-1. 親族として礼服(ブラックフォーマル)を着用する場合

結婚式に親族として出席する場合は白無地レギュラーシャツ 

親族は招待客を迎える立場にあるため、フォーマルな装いが基本です。

親族として参加する場合は、一般的に礼服(ブラックスーツ)を着用します。

合せるシャツは、フォーマル度の高いスタンダードな白無地シャツを着用してください。

シルバーネクタイを合せると格調高いコーディネートになり、おすすめです。
 

3-2. 主賓や上司としてタキシードを着用する場合

タキシードにはウィングカラーのシャツ

主賓や上司として出席する場合、親族よりも格が高くならない服装で、なおかつゲストの中では格が高い服装をするというマナーがあります。

タキシードを着る際は、「ウイングカラーシャツ」を着用してください。

ウイングカラーシャツとは首の周囲を包むような立ち襟で、衿先が鳥の翼のように小さく折り返された形状のシャツのことを指します。

蝶ネクタイやアスコットタイを合わせ、洗練された上品なコーディネートがおすすめ。
 

3-3. 同僚や友人としてダークスーツを着用する場合

結婚式に友人として参加するならサックスブルーのシャツ

清潔感あるコーディネートがおすすめ

世代の近い同僚や親しい友人・知人として出席する場合、ダークカラースーツの着用が一般的です

淡いピンクやブルーなどパステルカラーのシャツに、チーフやネクタイで華やかさをプラスしたコーディネートがおすすめ。

※ただし格式の高いホテルやレストランの場合は、礼服の着用になります。
※あらかじめ会場をリサーチしておくと安心ですよ。
 

3-4.カジュアルな二次会から参加する場合

カジュアルな二次会ならジャケパン

カジュアルな二次会なら蝶ネクタイでおしゃれ見え

二次会から参加する場合でも、ジャケットの着用はマナーになります。

ダークカラーのスーツやジャケパンの装いでOKです。

ビジネスシーンではなく、お祝いの場であるということを忘れず、キレイ目を意識したコーディネートをしましょう

遊び心のある蝶ネクタイだと、パッと華やかになりフォーマルなコーディネートに仕上がります。
 

4. ワンポイントでお洒落にみえるカフスのつけ方

カフス(カフリンクス)は、シャツの袖につけるアクセサリーです。

スーツスタイルを華やかにするので結婚式にぴったり!

さりげないお洒落として、ぜひ取り入れてみてください。

  • チーフのたたみ方,TVフォールド


  • 袖口のボタンホールをぴったり合わせます。

  • チーフ,たたみ方,折り方,TVフォールド


  • ボタンホールの上側からカフスボタンを挿しこみます。

  • チーフ,たたみ方,折り方,TVフォールド


  • ボタンホールに通ったら、裏側の留め金をとめます。

  • チーフ,たたみ方,折り方,TVフォールド


  • 完成!カフスはとても簡単につけられます。

5. まとめ

いかがでしたか?

結婚式において、最もフォーマルなシャツは「白」「無地」となります。

白無地のレギュラーカラーシャツならば、幅広くオールマイティに使えるので、ひとつ用意しておくと便利です。

最近ではカラーシャツの着用も増えてきているので、新郎新婦との関係性や出席する立場を考慮し、結婚式にふさわしいシャツを選んでくださいね。

では、素敵な日をお過ごしください♪
 

▶ 礼服・スーツの着こなしについて知りたい方は「【結婚式】男性ゲストの服装選びと着こなし術を徹底解説!」をご覧ください。

洋服の青山,通販,オンラインストア

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!

関連キーワード

あなたにおすすめの記事