リクルートスーツ

大学・専門学校の入学式のスーツはどう選ぶ?選び方や着こなしのポイントについて

入学式では、スーツを着用する方が多いです。初めてスーツを着用する場合は、どのようにスーツを購入すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スーツはいつ頃買ったらいいのか、またスーツを選ぶ際のポイントなども解説します。初めてのスーツを着こなすことができるよう、ぜひ最後までご覧ください。

{アウトライン}

1. 大学・専門学校の入学式のスーツはいつ買う?

悩む社会人

入学式は通常4月の初めに開催されるため、3月の中旬までには手元にスーツを用意しておきたいところです。

オーダーメイドでなければ裾直しの期間を含めて一週間あれば手元に届くため、3月に入ってから注文しても間に合うでしょう。

推薦入試で入学する場合、1月や前年の12月には進学先が決まることもあります。

しかし、スーツを選ぶ時期が早すぎるとお店に春夏物が出揃っていない可能性があります。春夏物の販売が始まる2月を目安にお店に見に行ってみましょう

オーダーの場合、お店にもよりますが、納品までは1ヵ月~1.5ヵ月ほどかかります。

3月中旬に間に合わせるのであれば、追加の補正があった場合にも対応できるよう12月~1月末には注文しておく必要があります。

2. 大学・専門学校の入学式のスーツを選ぶときのポイント

入学式のために初めてスーツを購入するという方も多いかと思います。ここでは入学式のためのスーツ選びの基本を解説します。

2-1. 体型に合わせてサイズを選ぶ

スーツにおいてサイズ感は非常に重要です。体型に合ったシワのないスーツを着用するだけで格段にカッコよく見えます。

スーツのサイズは、身長とウエストを基本に決めます。身長とウエストのサイズがわかれば、下記の表をもとにスーツのサイズを見つけることができます。

スーツのサイズ表

上記の表を参考にしてある程度のサイズ感は把握できますが、よりシビアに選ぶのであれば、やはりお店に行って実際にサイズを測ってもらうのがよいでしょう。

2-2. ブラック・ネイビー・グレーが定番

スーツの色

成人式のスーツのカラーは、ブラック・ネイビー・グレーが定番です。この定番色はビジネスシーンでも同じであるため、就職活動時や入社後にも着用可能です。

各カラーの印象は下記のようにそれぞれ異なります。同じ色でも明るさや色のトーンで印象は変わるので一概にはいえませんが、カラーを選ぶ際の参考にしてください。

●ブラック:最もフォーマル、大人っぽい、落ち着き
●ネイビー:爽やかさ、華やかさ、明るさ
●グレー:軽やか、柔らかさ、上品さ

2-3. 着回しやすいのは無地

無地・シャドー系・柄

スーツの柄には、無地・チェック・ストライプなどがあります。

入学式だけでなく、アルバイトや就職活動、入社後も着用するのであれば、着回しやすい無地のスーツがおすすめです。

チェックやストライプなどもビジネスシーンで着用可能ですが、規則が厳しい企業だと新入社員には好ましくないとされることもあります。

無地のスーツで地味になるのを避けたいのであれば、ワイシャツやネクタイに柄モノを取り入れるとよいでしょう。

2-4. 柄モノを選ぶときはシャドー系を選ぶ

柄モノのスーツは柄が目立ちすぎないシャドー系が人気です。シャドー系の柄は一見無地のように見えますが、光の反射や見る角度により柄が浮かび上がるように見えます。

無地よりも表情があり、堅苦しくならない便利な柄です。また、柄が強調され過ぎないため、柄モノに慣れていない方でも取り入れやすいでしょう。

3. その他のアイテムを選ぶときのポイント

次に、スーツ以外のアイテムを選ぶ際のポイントを解説します。

3-1. ワイシャツ

シャツの種類

ワイシャツはスーツとのバランスを考えて選びましょう。例えば、スーツが無地だったらワイシャツはストライプに、スーツがストライプだったらワイシャツは無地に、といったように、柄が入りすぎないようにします。

もちろん、スーツ・ワイシャツともに無地でも問題ありません。ただし、その場合は地味になり過ぎないようスーツかワイシャツを明るい色にするといった工夫をするとよいでしょう。

  • {商品1}

3-2. ネクタイ

ネクタイ

ネクタイもスーツやワイシャツとの兼ね合いを考えて選びましょう。ネクタイは見える部分が少ないため、華やかな色や柄を選んでもそれほど違和感がないことも多いです。

しかし、スーツもワイシャツもネクタイも派手になってしまうと「やり過ぎ感」が出てしまいます。

スーツやワイシャツに色柄モノを選んでいるのであればネクタイは単色で控えめに、スーツやワイシャツが無地であればネクタイを色柄モノにして主張するなどバランスを取りましょう。

  • {商品2}

3-3. ベルト・シューズ

ベルトとシューズの合わせ方

ベルトとシューズは色を合わせるのが基本です。まったく同じ色にする必要はありませんが、同系色で統一することでコーディネート全体に統一感が生まれます。

シューズとベルトの色はブラックかブラウンが定番です。特にブラックのシューズはどの色のスーツにも合わせられるので、一足持っていると便利です。

  • {商品3}

3-4. ポケットチーフやカフス

入学式はおめでたい席なので、華やかさをプラスするためにポケットチーフやカフスを付けるのもおすすめです。

ポケットチーフは、スーツやネクタイ、シャツの色からチョイスすると全体的に統一感が生まれます。基本的にはネクタイの色と合わせるとよいでしょう。

  • {商品4}

4. 入学式におすすめの着こなし

最後に、入学式でのスーツの具体的なコーディネートを解説します。

4-1. ブラックスーツ

ブラックスーツ

ブラックのスーツは最もフォーマルな色ですが、落ち着いた印象になってしまう可能性があります。

そのため、ネクタイを明るい色にしたりワイシャツをストライプ柄にするなどして華やかさを演出しましょう。また、先ほど紹介したポケットチーフやカフスを取り入れると華やかさが加わり、シックなブラックスーツが引き立ちます。

4-2. ネイビースーツ

ネイビースーツ

ネイビースーツは、ホワイトのワイシャツはもちろん、サックスブルーや薄いパープルなどの爽やかな色とも相性がよいです。

ネイビースーツには爽やかな印象がありますが、印象をより強めたいのであればサックスブルーや薄いパープルに挑戦してみましょう。

ワイシャツに色モノを選ぶのであれば、ネクタイはスーツと同系色がおすすめです。ネクタイを同系色にすることで統一感が生まれるため、色を使ってもチグハグな印象になりません。

4-3. グレースーツ

グレースーツ

グレースーツは生地の品質や仕立ての良さが他の色に比べてわかりやすいことが特徴です。

また、ワイシャツやネクタイの色で主張してもしっかり馴染みます。おすすめのネクタイの色はブラックやネイビーなどの濃い色です。色味が薄いグレースーツと濃い色を合わせることで全体のバランスが整い、スタイリッシュに見えます。

ワイシャツはホワイトやサックスブルーがおすすめです。特にサックスブルーは爽やかさを感じさせる色で、グレーの上品さに爽やかさが加わります。

4-4. チェック柄スーツ

チェック柄スーツ

チェック柄のスーツは、無地と比べると少々カジュアルな印象を与えます。そのため、フォーマル度を保つためには白無地のワイシャツを選ぶと引き締まった印象になります。ネクタイも同じく無地がおすすめです。

ただし、チェック柄にはいくつか種類があります。チェックの種類やスーツのカラーによっても適したワイシャツやネクタイは変わってくるため、全体のバランスを考えてコーディネートしましょう。

4-5. ストライプ柄スーツ

ストライプ柄スーツ

ストライプ柄のスーツにはホワイトかサックスブルーのワイシャツがおすすめです。ストライプ柄のスーツはスマートで誠実な雰囲気がありますが、ホワイトやサックスブルーのワイシャツはスマートな印象をさらに強めてくれます。

ストライプのスーツによく合わせられるのはドット柄のネクタイです。太いストライプには力強い印象がありますが、それをドット柄のネクタイの柔らかさで緩和することができます。全体の調和が取れたコーディネートになるでしょう。

5. まとめ

入社式

ここでは入学式のスーツの選び方や着こなしについてご紹介しました。

入学式のスーツは、その後のいろいろなシーンでも着用できるよう、ビジネスでも定番カラーであるブラック・ネイビー・グレーを選ぶのがおすすめです。
また、スーツは3月中旬までに手元に準備しておきましょう。オーダーメイドにするかどうかで納品までにかかる期間は変わってくるため、間に合わなくなってしまうようなことがないようしっかりチェックしておきましょう。

その他、ここでご紹介した内容を踏まえながらスーツをカッコよく着こなし、学生生活のスタートをより思い出深いものにしてください。

記事

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!