オーダーシャツは既製品のワイシャツと何が違うの?違いと価格について解説

2022.12.21

オーダースーツ

オーダーシャツは既製品のワイシャツと何が違うの?違いと価格について解説

この記事の所要時間:約5分

ビジネスで使用するドレスシャツ(ワイシャツ)。

「なかなか自分に合ったサイズが見つからない」「もう少しオシャレなデザインのシャツが欲しい」など、悩んだことありませんか?

ドレスシャツをオーダーしてみようかなと思っているけれど、どのようなデザインが選べ、既製品とどのように変わるのかわからない方も多いのではないでしょうか?

今回はオーダーシャツのメリットと、既製品との違い、相場について解説します。

1. ドレスシャツ(ワイシャツ)をオーダーするメリット

オーダーシャツには、既製品では感じることのできないメリットが2つあります。

ポイントに分け、解説します。

1-1. 自分に合ったサイズが作れる

自分に合ったサイズが作れる

自分の身体にあったサイズを探すのはなかなか大変ですよね。
店舗のスタッフに測ってもらい購入できますが、袖が余ってしまったり、体型に合うものが少なかったり……。

オーダーシャツであれば、探す必要がなくなります。

既製品シャツのサイズは一般的な日本人の体型の統計に合わせて作られていることがほとんどです。

そのため首回り、裄丈、胴回りと各部位全てぴったり、という人はほとんどいません。
シャツのオーダーは特殊な体型の方だけのものではないのです。

細かな採寸から自分の体型により近いシルエットのシャツが仕上がります。

ビジネスでは人との距離が近くなることもしばしば。

オーダーシャツなら見た目もスッキリと上品に見えるので、与える印象も良くなります。
サイズに悩んでいる方は特におすすめです。

1-2. 自分の好みの生地やデザインが選べる

自分のイメージしている柄やデザインがなかなか見つからない。

このような経験がある方も多いと思います。

オーダーシャツなら自分好みの生地とデザインを選択し、作ることができます。

『洋服の青山』や『THE SUIT COMPANY』で展開する「Quality Order SHITATE(クオリティーオーダー・シタテ)」では、お客様一人ひとりにあったオーダーを楽しめるよう、100種類の高品質な生地と豊富なオプションを用意しています。

2. オーダーシャツと既製品との違い

既製品のシャツは、一般的な日本人の体型に合わせて作られていることがほとんどです。

既製品の型紙にもさまざまな種類がありますが、体型には人それぞれの特徴や違いがあるため、ピッタリとサイズが合うことは少なくなります。

一般的にシャツのサイズ表記は、首回りと裄丈のサイズで下記のように表しています。

サイズ首回り裄丈
Sサイズ37cm80cm
Mサイズ39cm82cm
Lサイズ41cm84cm
LLサイズ43cm86cm
※海外メーカーのものは、サイズ表記が異なります。

サイズが合っていないシャツを着用すると、袖の余りやシワが入り、だらしない印象になってしまいます。

お店によっては、お直し(補正)で調整できる場合もありますが、自分の体型にぴったり合うシャツになるとは言い難いです。

オーダーシャツの場合は、自分の体型に合う型紙を選んだ上で細かな調整を施すため、着心地が良くなります。

着ることが楽しみになるお気に入りの1着となるでしょう。

3. オーダーシャツの相場

実際に作ると価格が気になる方もいるでしょう。

オーダーシャツの平均的価格は5,000円~7,000円程度と言われています。

また、こだわり次第では10,000円を超えることも。

価格が大きく変わるポイントは生地の品質やオプションになります。

シャツの定番素材には、綿・ポリエステルなどがあります。

ポリエステルが混紡されているものより、綿100%であれば価格帯は上がっていきます。

また、綿は手間を掛けて繊維自体を細くすることで肌触りが良く、光沢のある生地になるため、価格が上がります。

その他、ボタンの付け糸変更や刺繡ネームなどのオプションによっても価格は変動します。

4. 選ぶならこんなお店

選ぶならこんなお店

初めてのオーダーシャツ。
どのようなお店を選んだらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

ここからはお店選びのポイントを解説します。

4-1. 豊富な生地

自分好みの色柄がないと悩んでいる方は、チェックしてみてください。

生地の種類が多いと、より自分のイメージに近いシャツを作れる可能性が高まります。

選択肢が多く悩んでしまう方は、スタッフに遠慮なく相談をしましょう。

トレンドだけでなく、ニーズに合わせた提案をしてくれるでしょう。

4-2. 豊富なオプション

オーダーシャツを取り扱っているお店はたくさんあります。

そのお店が扱っている型紙やディテール、オプションをチェックしてみましょう。

生地同様、選択肢が多ければ理想の一着を作ることができるでしょう。

また、アフターサービスについても確認しておきましょう。

ホツレや修理が必要な場合など、可能な範囲で無償対応してくれるケースもあります。

店によって保証期間や内容が異なるので、合わせて確認しましょう。

豊富なオプション

5. オーダーシャツを作るならQuality Order SHITATEがおすすめ

ここまで、オーダーシャツを作るメリットや価格の相場をお伝えしてきました。

初めてオーダーシャツを作るにあたって専門店や百貨店を利用することに不安を感じる場合は、既製品とも見比べができる「Quality Order SHITATE(クオリティーオーダー・シタテ)」がおすすめです。

1着6,490円~と手頃な価格ながら、自分自身の理想を叶えられる生地数やオプションが魅力です。

全国の『洋服の青山』や『THE SUIT COMPANY』で展開しています。

店舗数も多いため、より気軽に来店・相談ができます。

専任のスタイリストがサポートするため、初めてのオーダーシャツ作りも安心です。

自分仕様オーダーシャツQuality Order SHITATE(クオリティーオーダーシタテ)

この記事をシェアする
オーダーシャツは既製品のワイシャツと何が違うの?違いと価格について解説

この記事が気に入ったらいいね!をして
最新記事をチェックしよう!