メンズオフィスカジュアル

【メンズ】オフィスカジュアルのルールと年代別おすすめコーデ

クールビズ導入以降、オフィスカジュアル化を推奨する企業が増えています。
会社から「オフィスカジュアルOK」と言われ、どのあたりまでがドレスコードとして許されるのか?と迷うところですね。

オフィスカジュアルのポイントとして下記の条件が挙げられます。

1.会社が認める働きやすい服装であるか?
2.周りに不快感を与えない服装であるか?

この2つのポイントを中心に、男性向けオフィスカジュアルコーデのドレスコードを考えてみましょう。

{アウトライン}

メンズオフィスカジュアルコーデ

1. オフィスカジュアルのルールについて

クールビズの記事でも取り上げましたが、やはりオフィスカジュアルについても【清潔感とキチンと感】がキーワードになります。
カジュアルOKとなっていても、やはり「仕事着」であることを忘れないようにしましょう。
・シワ、よごれなどないか。
・サイズはジャストサイズで。大きめサイズの服装はだらしなく見えます。

クールビズについて知りたい方は「【クールビズの服装・マナーについて】年代別おすすめコーデ」をご覧ください。

1-1. オフィスでのカジュアルな服装について

クールビズ・ウォームビズなどの導入もあり、従来の「スーツでの執務」から、「ノータイ奨励」「カジュアル推奨」などがされるようになり、オフィスのカジュアル化も進みました。
オフィスカジュアルといっても職務上お客様対応がある職場と、終日外来者に接することがない職場では、ドレスコードが変わります。

次の章ではオフィスカジュアルを大まかに2種類に分け、TPOに合わせた服装を考えてみたいと思います。

1-2. ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルはどう違う?

メンズオフィスカジュアルコーデ

1.ビジネスカジュアル
=外来のお客様対応がある職場向きの服装

2.オフィスカジュアル
=外来のお客様対応がなく、会社が認める働きやすい服装

1-3. ビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル

ビジネスカジュアル
=外来のお客様対応がある職場向き

カジュアル化を推奨しているとはいえ、まだまだ「スーツ」が仕事着であることには変わりありません。
スーツほどではないけれど、ビジネスカジュアルはスーツに準ずるもの。
ジャケットを着て外出着として使えることが条件になります。

社内でお客様や取引先との対応を行う場合や、時には外出して初めてのお客様にお会いすることになった時に、相手に不快感を与えるような服装はNG。
襟付きトップスにジャケット+パンツスタイルなど、シンプルなデザインを心がけましょう。

1-4. オフィスカジュアル

オフィスカジュアル
=外来のお客様対応がなく、会社が認める働きやすい服装

オフィスカジュアルでは、終日オフィスで過ごす職種であれば普段着に近い服装での執務も許されていますが、同じ職場で働くスタッフに不快感を持たれないよう「清潔感」が大切。
周りから浮いてしまうような服装は避けましょう。

オフィスカジュアル

1-5. デニムやTシャツはOK?

一般的にはデニムジーパンなどは「作業着」の部類に入るので、オフィスには不向きとされています。

ただし職場でジーンズOKとなっている場合は、ダメージジーンズなどを避け、取引先や社内で不快に思われない程度の清潔感がある服装で有れば良いとされています。

Tシャツについては、こちらも清潔感を大切に。
カットソー・Tシャツも襟元が伸びているなどのダメージがなく、オフィスに違和感のない服装を心掛けましょう。

1-6. 忘れてはいけない靴のセレクト

オフィスカジュアル 靴

靴もコーデのポイントになります。
ジャケット+パンツスタイルなら、レースアップシューズがおすすめ。
ポロシャツなどのカジュアルスタイルならローファーなどがおすすめです。
靴のカラーはベルトのカラーと合わせましょう。

スニーカーでの通勤や執務について、許されている職場もあります。
カラー配色は2色まで程度に抑えるとベター。
近年はスーツに合うような革製のデザインスニーカーもあるので、服装にあったスニーカーを選びましょう。

サンダルなどは執務室内など室内履き用のみ程度ならOK。
カジュアルといっても場をわきまえた靴選びが必要です。

革靴の種類について知りたい方は「【革靴の種類】基本のデザインとシーンに応じた靴の選び方」をご覧ください。

2. 年代別オフィスカジュアルコーデ例

2-1. フレッシャー(新入社員~入社2年目)

会社から指定が無ければ、入社間もない時期や研修中はスーツでもOK。
職場の雰囲気や先輩の服装を見ながら、徐々にカジュアルダウンしていく方が無難と思われます。
カジュアルOKと言われても、学生時代の延長はNG。
あくまでも仕事着を意識しましょう。

 20代前半オフィスカジュアル

【コーデのポイント】

入社間もないときには、下記の点を注意すると悪目立ちなくオフィスカジュアルにシフトできます。

春夏:ジャケットを脱いでも見苦しくないシャツなどをセレクト。
・襟付きのポロシャツやスキッパーシャツ。
・カラーシャツやボタンダウンシャツなど。

秋冬:オフィスによってはウォームビズを推奨することもあるので、先輩コーデを参照したり、同僚などに相談すると◎
・スーツからジャケット&パンツスタイルに変える
・ジャケットやパンツなどのカラーは、ネイビーやグレーなど、悪目立ちしないような色が無難。


20代前半オフィスカジュアルコーデ

2-2. アラサー(入社3年目~30代前半)

入社3年目からアラサー世代になると、オフィスの雰囲気もだんだんわかり始めます。
アラサー男性の服装は、社会人としてのマナーやセンスを問われるようになり、また、身に着けているもので、経済力を推し量られることも。
安っぽい服装や、逆に値段の高いもの・ブランド物を選ぶより、生地の素材などに着目して「質の良いもの」を選びましょう。

クールビズ記事でも取り上げましたが、フレッシャーのお手本になるような「おしゃれな先輩コーデ」を心がけましょう

30代オフィスカジュアル

【コーデのポイント】

春夏:ジャケットを脱いでも見苦しくないシャツなどをセレクト。
秋冬:オフィスによってはウォームビズを推奨することもあるので、ニットなどを使い、ラフに見えながらきちんと感を出すコーデがおすすめ。

30代オフィスカジュアルコーデ

2-3. アラフォー(30代後半~40代)

クールビズ同様、アラフォー世代は立場的にも管理職が増えてきます。
社内だけではなく社外との関係性もあるので、砕けすぎず場をわきまえた服装を求められます。
40代以降は立場によってはジャケット+革靴での対応を、急に求められることもあります。
いつでも柔軟に対応できるように、オフィスカジュアルの中に端正さも持たせましょう。

40代オフィスカジュアル

【コーデのポイント】
​​​​​

春夏:服を選ぶ際に「質感の良いもの」をセレクト
シャツも品質やシックな色味の上品なものを選びましょう。
秋冬:オフィスによってはウォームビズを推奨することもあるので、材質の良いニットなどでこなれた印象にしましょう。

40代オフィスカジュアルコーデ

3.  まとめ

カジュアルな服装で執務を行う際、周りとのバランスを考えましょう。
奇抜な服装など、悪目立ちするようにならないように注意を!
職場の中で仕事しやすい雰囲気であることも重要です。
おしゃれを楽しみながら働きやすい服装で、仕事の効率を上げられるといいですね。

洋服の青山,オンラインストア,通販

この記事が気に入った方は
いいね!をして最新情報をチェック!

あなたにおすすめの記事